植え替え

『へバーデン結節』

指先第一関節の

変形性関節症

へバーデン結節について

へバーデン結節は、指先第一関節の変形性関節症です。

​更年期障害の一症状として、

変形や疼痛が生じる可能性が考えられています。

関節周囲には、”滑膜”組織が存在しており、

”抗浮腫”作用を持つ ”エストロゲン”の減少する

​更年期に、この組織が腫脹します。

滑膜が腫れ、関節炎が生じ、指もむくむため、関節には大きな負担がかかります。

​このことにより、徐々に関節自体が破壊されていきます。