ゴルフ肘

ゴルフ肘は、肘の内側(小指側のほう)に痛みが起こる疾患です。強く握り込んだり、手首を伸展させるときに痛みが出ることがあります。

​正式名称は、上腕骨内側上顆炎と言います。

この、肘の内側の解剖を、ほんの少しだけ解説しますが、ここには、指の第二関節を曲げる筋や、手首を曲げるのに重要な役割を持つ筋などがまとまった腱を形成し、これを私たちは​CFT(Common flexor tendon)と呼称します。

このCFTがダメージを負い、炎症が起きることで痛みが発生します。

​治療などについては外来で説明します!