手は人間が社会的・文化的生活を送る上で、欠かすことのできないパーツです。

少し時間をとって、手を眺めてください。

この小さな”手”というパーツは、27個の小さな骨をはじめとして、

靭帯・腱・筋肉・神経・血管・脂肪・皮膚などで構成されています。

”手”は、握る・摘む・掴む等の動作を行なうとともに、

熱い・冷たい・重い・軽いなどの情報を中枢神経に伝えています。

さらに、​”手”はスポーツや芸術などの文化的活動にも欠かすことのできないパーツです。

この”手”が障害されると、文化的・社会的な生活に支障が生じる恐れがあります。

当クリニックは、この”手”というパーツの治療を行い、治療を通して、

より積極的な、より活動的な

文化的・社会的生活が送れるよう、問題解決をお手伝いいたします。

代表医師

山田哲生

所属学会:

日本手外科学会

日本形成外科学会

日本整形外科学会

​日本マイクロサージャリー学会

手外科研修歴:

四谷メディカルキューブ

​手の外科・マイクロサージャリーセンター

2014-2015

東京手の外科スポーツ医学研究所・

​高月整形外科病院

​2015-2016

一言:

​準備中

  • Twitter
山田のTwitter