陶器を作る手の上の眺め

私たちは”切らない”治療を

メインにしています

診察・治療の流れ

​どこに、どういった症状が出るのか、などをお聞きします。

触診・レントゲン検査・エコー検査などを行います。

以上から、診断を行い各種説明をします。

日常生活指導や注射などを行います。

治療後、数週間から数ヶ月で治療の効果判定を行います。

※:効果判定には、最低でも約3ヶ月必要です。

ただし、症状の強い場合には、効果判定を待たず追加治療を行う場合があります。

or

効果判定結果を元に、追加治療を行ったり経過が良ければ経過観察となります。

  • Instagram

©️2021 手の痛みクリニック