更年期障害と手の痛みについて

女性ホルモンである”エストロゲン”は、手に存在する、腱や腱鞘の保護作用があります。このエストロゲンが急速に減少すると、手に存在する腱や関節が腫れ、徐々に手の痛みや関節変形などが生じてきます。

更年期に、”エストロゲンが急速に減少する”ため、この時期から、徐々に手の痛みや痺れが出てきた、という方が多く存在します。当科にいらっしゃる患者様も、ほとんどが上記のいわゆる更年期から更年期以降の方ばかりです。

​このような時期に、腱・腱鞘が腫れることで、腱鞘炎が起き、腱が腫れることで、手根管内で正中神経が圧迫されることにより手根管症候群が生じ、腱・腱鞘が腫れることで、PIP関節を慢性的に牽引する状況が続き、ブシャール結節を引き起こします。また、この時期に関節が腫脹し、軟骨が摩耗し、靭帯が傷んでしまうことで、へバーデン結節や母指CM関節症が生じます。この説明は外来受診時行いますので、気軽にお問い合わせください。

  • Instagram

©️2021 手の痛みクリニック