top of page

たこ焼きとテニス肘:意外な治療法の発見


credit:Tetsuo Yamada

大阪のどこかにある賑やかな夜市。そこには、小さなたこ焼き屋が立ち並び、暖かい灯りが訪れる人々を優しく迎え入れていた。その一角に、年季の入ったたこ焼き屋があり、店の前にはいつも人だかりができている。しかし、この夜は少し違った。たこ焼き屋のおっちゃん、健二は、ゴルフバッグを肩にかけた若者と真剣な話に花を咲かせていた。


「おう、若いの。ゴルフえらい頑張ってるって聞いたで。でも、肘、痛いんやってな?」健二は心配そうに尋ねた。


若者、大輔はうなずきながら返事をした。「はい、最近、肘がすごく痛くて…。テニス肘って言われました。」


健二はテニス肘について説明し始める。彼がこれほど多くの知識を持っているのは、若い頃、自分自身が様々なスポーツを楽しんだ経験からだ。ゴルフもその一つで、健二自身もかつて同じ痛みに苦しんだ。だからこそ、大輔の痛みがよくわかるのだ。


「ああ、テニス肘かいな。それはな、腕を使いすぎて肘の外側が痛くなるんや。テニス選手だけやなく、お前さんみたいにゴルフをガンガンやったりすると起こりがちやねん。」


大輔は健二の経験に基づくアドバイスに耳を傾けた。「そうなんですか…。治療方法はあるんですか?」


「まずは、ちょっと休んでみ。氷を当てたり、腕を高くしてみたり、圧迫したりするんや。でもな、これで完全に治るわけやない。痛みは少し楽になるけど、根本的な解決にはならへんのや。」


大輔の表情が曇ったのを見て、健二は優しく微笑み、彼の肩をたたいた。「じゃあ、どうしたらいいんですか?」


「そこで出てくるのが、バイオセラピーってやつや。これはな、お前さんの血液から特別な『超成長サポート液』みたいなもんを取り出して、痛いとこに注入するんや。そうすると、体の中の修理係さんたちがバッチリ働いてくれて、痛みが早く治るんやで。」


大輔は目を丸くした。「えっ、そんな治療法があるんですか?」


健二は、かつて自分が受けた治療を思い出しながら、バイオセラピーの効果と安全性について語り始める。健二の知識は、医学の専門家が彼に教えたものだ。そのおかげで、健二はゴルフを再び楽しむことができた。


「あるで。研究でも、テニス肘にはバイオセラピーがえらい効くって出てる。それにな、自分の血を使うから、感染症のリスクや拒絶反応の心配もほとんどないんや。」


大輔の心には、希望の光が灯り始めた。彼はこれまでの痛みと不安を健二との会話を通じて少しずつ解消していった。「すごいですね!でも、大丈夫なんですか?」


「大丈夫やで。この治療、安全で効果的やし、実施方法もそんなに難しくないからな。多くの人が選んでる治療方法や。テニス肘で悩んでるなら、一度、バイオセラピーについて聞いてみるといい。早く治して、またゴルフ、バリバリやれるようになりたいやろ?」


「はい!ありがとうございます、おっちゃん。バイオセラピー、ちゃんと調べてみます!」


「それでこそや!何事も諦めずに前に進むことが大事やで。何かあったらまたいつでも来て話してな。たこ焼き、食べながら考えるのもええかもしれんで。」


健二の言葉に勇気づけられた大輔は、たこ焼きを一つ口に運ぶと、その温かさと美味しさに心から安堵した。彼は自分が大阪のこの小さなたこ焼き屋で、ただのお客ではなく、大切な人間関係と価値あるアドバイスを得たことを実感した。


「はい、絶対にまた来ます!ありがとうございました!」


「いやいや、こちらこそ。早く治るといいな。がんばれよ、若いの!」


大輔は新たな希望を胸に、たこ焼き屋を後にした。健二のアドバイスが彼のゴルフキャリアにとっての転機となることを、その時の彼はまだ知らなかった。しかし、彼は一つ確かなことを知っていた。それは、大阪の夜市の小さなたこ焼き屋が、彼にとっての避けられない帰る場所となったということだ。この不思議な出会いは、ただの偶然ではなく、彼の人生において重要な意味を持つものとなるだろう。


そして、夜は更けていく。大阪の星は今夜も、遠くから訪れた人々に温かい光を与え続ける。

Comments


bottom of page