top of page

ゴルフ後のアイシング:アクティブなビジネスリーダーへのケアのススメ


credit:TETSUO YAMADA

ゴルフは、ビジネスやプライベートでの交流、健康維持に最適なスポーツです。多忙を極める毎日の中で、ゴルフは心身のリフレッシュに役立ちます。しかし、ゴルフ後の適切な体のケアを怠ると、翌日以降のビジネスパフォーマンスに影響を及ぼす恐れがあります。特に、アイシングはゴルフ後のケアにおいて重要な役割を果たします。


アイシングの重要性


ゴルフは全身を使う運動で、特に腰や肩・肘・手、膝への負担が大きくなりがちです。ここでアイシングの重要性が浮かび上がります。アイシングは、スポーツ後の急性の炎症や腫れを抑え、痛みを緩和する効果があります。例えば、不動産を見極める際には、一見すると目立たないが、将来的に大きな価値を生むポテンシャルを見つけ出すことが重要らしいですが、アイシングも同様に、直後は大きな変化を感じにくいかもしれませんが、長期的に見ると怪我の予防やパフォーマンスの維持に大きく寄与します。


アイシングの方法


ゴルフプレー後、軽くシャワーを浴びた後に、冷えたアイスパックや冷凍されたジェルパックを痛みや疲労を感じる箇所に当てましょう。このとき、アイスパックは直接肌に当てるのではなく、タオルなどで包んでから使用することが肌への刺激を避けるコツです。15~20分を目安に、1日数回実施すると良いでしょう。


アイシングとビジネスのアナロジー


アイシングをビジネス戦略に例えるならば、市場の急激な変動に対するリスクヘッジのようなものです。一時的な変動に動じることなく、冷静に対応することで、長期的な健康とパフォーマンスの維持を図ることができます。また、アイシングは自己投資の一環とも言えます。自身の体を大切にすることは、ビジネスでの成功を支える基盤となります。


まとめ


アクティブで成功を収めている皆様にとって、ゴルフは単なるスポーツではなく、ビジネスや人生の一部です。そのため、ゴルフ後のアイシングによる適切なケアは、次のビジネスチャンスを掴むためのエネルギー補給と考えることができます。アイシングを習慣化することで、身体の健康だけでなく、ビジネスでの持続可能な成功にも寄与するでしょう。

Comments


bottom of page