top of page

ゴールデンエイジの手指美容:母指CM関節症を上品にケア


credit: TETSUO YAMADA

母指CM関節症は、日常生活における手の動きに大きな影響を及ぼす可能性があるため、この症状を理解し、適切に対処することが極めて重要です。


### 母指CM関節症とは?

母指CM関節症は、手の親指の根元に位置する関節の変性疾患です。関節の摩耗や炎症により、痛みや動きの制限が生じます。原因は多岐にわたり、過度な使用や加齢、けがが挙げられます。


### 母指内転筋の重要性

母指内転筋は、親指を手のひらに向けて動かす役割を担います。この筋肉が硬くなると、CM関節への負担が増大し、症状の進行を早めることがあります。従って、母指内転筋を柔らかく保つことは、症状の管理において極めて重要です。


### 母指内転筋を柔らかく保つための運動

各種ストレッチがあるため、詳細は通院中の知識と経験が豊富な手外科医に聞いてください。当院通院中の方で興味がある方は、外来で相談ください。


### 生活習慣の調整

母指CM関節症の予防または症状の軽減には、正しい手の使い方を心がけることが重要です。また、定期的に手の運動を行い、関節の柔軟性を維持することが勧められます。


### まとめ

母指CM関節症は、適切なケアを行うことでその進行を遅らせることが可能です。特に母指内転筋を柔らかく保つことは、症状の管理において重要な役割を果たします。日々の運動と生活習慣の調整を通じて、健康な手の機能を維持しましょう。

Comments


bottom of page