top of page

医療の基本に立ち返る:手首の痛みとバイオセラピー


credit: Tetsuo Yamada

A: 手首が痛いとき、それがなぜ痛いのかをちゃんと知ることが大事ですよね。


B: ええ、その通りです。それはちょっと医者が探偵になるみたいなものですね。


A: 医者が探偵として、何が原因で手首が痛いのかを突き止めなければならないんですね。


B: そうです。痛みの原因がわかれば、その原因を治す特別な治療をすることができます。これが「診断学」というわけです。


A: そして、バイオセラピーは、体の中で傷ついた部分を治す手伝いをする超特別な力を持つ治療法なんですよね。


B: はい、正確に言えばそうです。体は自然に治ろうとしますが、バイオセラピーはその自然な治癒力を強くするようなものです。


A: ですが、このすごい力を使う前に、探偵である医者は正確に「この痛みの原因はなにか」を見つけ出さなくちゃいけませんね。


B: その通りです。手首が痛い理由はいっぱいありますから、ちゃんと調べて、本当にバイオセラピーが必要かどうかを決める必要があります。


A: 例えば、お菓子箱からお菓子を取り出そうとして、箱がいっぱいある状況を想像してみてください。どの箱に何が入っているかを知らないと、欲しいお菓子を探すのは難しいですよね。


B: はい、医者が病気や痛みを探すのも、そのお菓子箱を探すのと似ています。どの病気(お菓子箱)が手首の痛み(欲しいお菓子)の原因かをちゃんと見つけなければならないんです。


A: この大切な探偵の仕事をして、正しい治療を選ぶことで、手首の痛みはきっとよくなりますね。


B: ええ、だから医者と一緒に正しい原因を見つけ出すことが、とても大切です。

Comments


bottom of page