top of page

家族の絆を深めるバイオセラピー:孫へのやさしい解説


CREDIT: TETSUO YAMADA

おじいさん:「バイオセラピーっていうのはね、君の体の中から『特別な治療液』をつくりだして、ケガしたところ、病気のところにそれを使って治す方法なんだよ。」


孫:「へぇ、どうやってそれをするの?」


おじいさん:「これをわかりやすく説明するために、君が大好きな『ガーデニング』にたとえてみようか。想像してみてごらん。君が庭で一生懸命育てている植物があるんだけど、ある日、その植物が病気になっちゃったり、虫に食べられちゃったりして、元気がなくなっちゃった。でも、君はその植物を助けたいんだ。だから、君は特別な『肥料』や『虫よけ』を使って、植物を元気に戻そうとするんだ。」


孫:「うん、うん。植物を助けたいって思うもん。」


おじいさん:「バイオセラピーもそれと同じなんだ。君の血液から、『特別な肥料』みたいなものを取り出してきて、体の中の『病気になっちゃった植物』や『ケガしちゃった植物』に使うんだ。その『特別な肥料』には、植物(つまり、体の部分)が元気になるのを手伝うパワーがいっぱい入っているんだよ。」


孫:「わぁ、すごいね!体を自分で治せるなんて。」


おじいさん:「そうなんだ。バイオセラピーは、君の体を自分自身の力で治そうとする、とっても自然な方法なんだよ。君の体の中にある『特別な力』を使って、ケガをした部分や病気の部分を治すってわけ。すごいだろう?」


孫:「うん!すごくすごい!おじいちゃん、教えてくれてありがとう!」

Comments


bottom of page