top of page

手根管症候群進行度合い簡単チェック!





手根管症候群は進行していくと、正中神経麻痺を引き起こします。これは正中神経から母指球の筋肉群に伸びる神経がやられるためです。(何の病気でも当てはまりますが、早期診断・早期治療が良いに決まっていますが、手外科領域に関しては、諦める必要はないかなー、と個人的には考えています。)ここに簡単な検査方法を載せておきます。母指球筋の機能を調べる検査で、よくカルテに『perfect O making』と書いてるやつです。ゆびでOKサインを作ろうとした時にできる親指と人差し指でできる形が丸か丸じゃないかを見る検査です。丸を作る時に、進行した手根管症候群では下図の左手親指のようにきれいに横方向に軸回転しません。



”あれ?、あてはまってるかも”と思った場合は、お近くの手外科医の受診をおすすめします。当然ですがうちを選択された方には尽力します。


Comments


bottom of page