テニス肘

テニス肘は、肘の外側(親指側のほう)に痛みが起こる疾患です。上から物を掴んだり、手首を屈曲させるときに痛みが出ることがあります。

​正式名称は、上腕骨外側上顆炎と言います。

この、肘の外側の解剖を、ほんの少しだけ解説しますが、ここには、手関節を伸ばす筋などがあります。よくこの疾患の原因となるのは、図の短橈側手根伸筋、僕らはECRBと呼んでいますが、これがダメージを負い、痛みが出ることが多いですが、しつこい痛みの場合は、この付近を走る橈骨神経由来の痛みであったり、その他の原因があるので、診断の上、治療を行っています。

​治療などについては外来で説明します!